少額な費用でも会社設立することが可能な時代

ウーマン

開業に役立つサービス

開業支援のサービスを利用する事で、大阪で開業する時にスムーズに企業を立ち上げる事ができます。企業を立ち上げた経験のない方でも開業支援を受ける事で、資金調達から開業後の運営まで全てをサポートしてもらう事ができ助かります。

会社を設立する際の料金

オフィス

様々な料金がかかります

会社設立をする場合、ある程度の資金を用意しておく必要があります。会社の種類によって会社設立費用は異なりますが、ここでは株式会社について紹介します。まず資本金です。資本金は事業で使用するお金ではなく、会社に預けておく金です。かつては最低でも1000万円以上は必要でしたが、現在は1円でも会社設立できるようなりました。さらに現物出資の利用もできますので、0円での設立も可能です。資本金の上限はありませんが、1000万円未満にしておくと消費税の免税業者になれるなど、様々な特典を受けることができます。次に法定費用で、これは登録免許税や手数料になります。株式会社の法定費用は、20万円程度になります。この中には定款もありますが、定款を電子定款になれば料金を安くできます。定款は、紙の定款と電子定款に分かれます。電子定款はパソコンなどを利用して作成しますが、紙の定款と比べて4万円お得になります。というのも、電子定款にすると紙の定款でかかる印紙代が不要になるからです。定款を作成する場合、定款認証手数料5万円と、印紙代4万円が必要です。電子定款にするとこの印紙代を節約できますので、会社設立を考えている方は電子定款をおすすめします。そしてその他の費用として、会社の実印代、印鑑証明書代、司法書士、行政書士などの代行手数料などがあります。実印について印鑑会社によって、また代行手数料もそれぞれの事務所によって異なりますので、事前に確認しておくといいでしょう。また、会社設立は個人的に行なう事もできますが、通勤による交通のアクセス状況などを考慮するのであれば、司法書士のプロに相談し、依頼してみるのもよいでしょう。