少額な費用でも会社設立することが可能な時代

販売管理システ

レジ

販売管理システムの基礎

販売店ではレジにPOSシステムを導入しているケースが多く見られます。特にコンビニのようなチェーン店では、売り上げを効率良く高めるために活用されています。POSの基本は、お客さんの商品購入時におけるレジでの精算時に、あらゆるデータが入力されることです。まずどんな商品がどれだけ売れたのかを記録することで、自動的に仕入れに必要な情報が記録されます。わざわざ在庫を調べなくても、簡単に仕入れ注文を出せるわけです。この時点でも店員の労力を削減することで、人件費削減につながります。さらに売れ行きを分析することで、どの商品を多めに仕入れたら良いのかも分かるようになります。つまり売れ筋商品を特定できるので、そのような商品は個数を増やし、逆に売れない商品は減らすことができるというわけです。その結果、お店の中は良く売れる商品に重点的に注力することで、利益率を高めることにつながります。これがPOSを導入する理由のひとつとなります。さらにそのデータを活用することで、利益率を高めることが可能です。季節ごとに異なる売れ筋商品を特定することができるのです。一年を通してデータを分析することで、どの季節にはどんな商品のラインナップにすれば良いのかを導き出せるようになります。さらに細かくデータを分析すれば、その日の天気によって、あるいは時間帯によって売れる商品を特定できるようになります。細かく仕入れ情報を管理することができるのも、POSシステムの利点と言えます。